モビットにおける一般申し込みとWEB完結の違い

※モビットの即日融資は申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

モビットでは一般的な申込み方法も可能となっていますが、全てをネット上で解決できるWEB完結と呼ばれる方法があります。

 

この方法は明らかに一般的な方法とは異なっており、利用することによってスムーズに借り入れが出来る場合もあります。その違いを知っておくことはとても大切だと思うので、デメリットも含めて知ってほしいです。まずWEB完結で一番大きなこととなっているのが、

電話連絡をしない

ということです。一般的な方法の場合は必ず電話連絡をやりとりすることが多いのでそれが嫌で気になると言う方が利用されることの多いサービスになっています。WEB完結では電話でのやりとりなしで申込できるかというと、これはデメリットにもなるところですが、

色々な書類提出することとなる

ので、そのため即日融資を利用する場合などにはあらかじめその書類が用意できていないと不可能な状態になってしまう恐れもあるので一概にWEB完結が便利と言うことができないのが現実です。

 

WEB完結では色々提出書類があるので審査の時間が早くなることはありますが、逆に電話確認できない分書類精査に時間が掛かることもありうるのです。提出書類の内容を元に利用可能かどうかを判断するのがWEB完結であり、一般的な方法と違って審査は精査される時間が掛かるものと考えてもいいくらいです。ですが、

審査が遅くまで受けられる可能性がある

というメリットはあります。会社が終業していても書類の審査なので関係ないので遅くまで審査される可能性はありますが、審査する側の就業時間があるので遅くまで審査できるかどうかは微妙になってきます。

 

私が実際にモビットのWEB完結で申込んだ際には、書類の準備に時間が掛かって即日融資には間に合わなかった体験もしていますので、電話のやり取りが困ると言う方はプロミスがオススメですよ。

在籍確認の電話を別の方法で確認してもらう相談が出来るプロミス
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミス

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円