カードローンの審査に通過するには属性評価が重要

カードローンの審査に通過する為に大切となるのが

 

 

信用力と返済能力の有無になり、信用力と返済能力が共に高いほど審査にとって有利


に働きます。カードローンは保証人や担保も不要の融資であるため

  • 債務者が信用出来る人物であるかどうか?
  • 借りたお金を返せるだけの返済能力がきちんとあるのかどうか?

が非常に重要となるのです。当然、信用も返済能力もない個人に、貸し倒れとなる危険性をおかしてまで金融業者は融資したい訳がありません。では、この信用力と返済能力をどのように判断するかというとポイントとなるのが個人の属性になります。

各属性を数値化して評価する

属性というのはカードローン申し込み者の個人情報の持つ性質の事になり、属性ごとに数値化されているのです。これが属性のスコアリングであり、コンピューターによって個人情報を元に自動的にスコアリング評価され、

 

 

評価が高ければ審査に通過する可能性も高くなります。


つまりカードローンの審査に通過する為には、自分の属性がどうスコアリング評価されるのかがとても重要になるのです。属性の項目は、金融業者によって詳細は異なりますが大まかには同じような項目が採用されています。

年齢/職業/勤務先/雇用形態/勤続年数/年収/居住形態/居住年数/住宅ローンの有無/家族構成

などが主な属性の項目となります。上記の属性項目では、まず職業や雇用形態に関しては上場企業の会社員や公務員の正社員などの安定した働き方をしている場合に評価が高くなります。年収はもちろん高い方が評価されるのですが、

 

 

年収の高さ以上に職業や雇用形態などが安定している事が属性スコアリング評価では重要となるのです。


例えば収入の高い自営業よりも、収入は普通でも安定した公務員の方が評価されるという事になります。また居住に関しても持ち家でローンが無い方がローンのある場合や賃貸住みよりも評価され、勤続年数や居住年数は長いほど信用されるのです。

 

 

コンピュータだけで審査されているわけではないよなぁ・・・


このように属性には様々な項目がありますが、中でも重要となるのは職業や勤務先、雇用形態そして年収の項目です。属性スコアリング評価に関してはどの金融業者も点数や内容などを明らかにしていませんが概ね上記のように判断されていると考えておくべきです。