専業主婦とモビット申し込みの関係性

モビットは三井住友銀行グループの会社ですが、その申し込み条件には

 

 

20歳以上69歳以下で安定した定期収入がある人


という文言が記載されています。その為この条件を満たすことが出来る人でないと申し込み自体が行えないと言うことになります。条件にある安定した定期収入というのは、自らが働いて収入を得ていると言うことになりますので、

  • 年金だけしか収入が無いと言う場合
  • 働いておらず収入が無い場合
  • そして配偶者の収入で生活をしており自分自身は働いていない専業主婦

も申し込み条件を満たしていないことになります。その為専業主婦はモビットの利用はおろか、申し込みの対象外という扱いになります。これはモビットが貸金業法下で営業を行う消費者金融という立場である為、

 

 

総量規制が適用される為に無収入の専業主婦に融資できる資金も無いからです。


貸金業法には総量規制と呼ばれる規制が導入されていることもあり、その規制に基づいた貸付しかできないからです。総量規制の規制内容は、年収の三分の一以上の貸し付けを禁止すると言うものになっており、

収入が無い場合は年収がゼロとなるため貸付金額もゼロとなります。

その為専業主婦のような自分自身が働いて収入を得ていない場合は規制対象となるわけです。

パート収入のある主婦なら総量規制の範囲内でモビットの利用は可能

ただし同じ主婦であってもパートやアルバイトといった労働をしており、収入を得ている場合は総量規制の対象とはならないため、得ている年収の三分の一までであればパートの場合でも問題なくモビットの利用が可能です。

 

 

専業主婦が利用できるカードローンは・・・


もし専業主婦がカードローンを利用したいのであれば、総量規制の規制が無いカードローンを選択するしか方法がありません。

総量規制の規制が適用されないカードローンから探すことになります。

消費者金融や信販系のカードローンの場合は全て総量規制の対象となるため一切の利用が出来ませんが、銀行がサービス展開をしているカードローンに関しては貸金業法ではなく銀行法での扱いとなるため総量規制の規制が及ばないカードローンとなります。

 

 

銀行のカードローンによっては専業主婦の利用もOKとなっているカードローン


もありますので、どうしても利用したいのであれば銀行のカードローンの中から選ぶと良いでしょう。