パートやアルバイトでもモビットは利用できるのか?

モビットを利用する場合、申し込みに際しての条件というものが決められています。一般的にカードローンを申し込む場合、必ず属性審査を行うことになりますので、雇用形態によっては利用できないものも数多く存在しています。

 

 

モビットの融資に雇用形態は大きく影響するのかしら・・・


しかしモビットの場合、雇用形態による属性は審査にあまり影響しないようになっており、正社員でも自営業でもアルバイトでもパートでも関係なく、安定した定期収入が確保できてさえいれば審査対象となります。

 

 

安定した収入を得ているかが最重要項目です。


パートやアルバイトの場合、正社員と比べた場合には得られる収入が少ないというハンデがありそれが審査に影響するように見えますが、モビットの場合は収入が多い少ないではなく、安定して収入を得られているかどうかが審査で重要なポイントとなります。

モビットの安定した収入とは?

その為収入の少ないアルバイトやパートであっても、得られる収入が安定してさえいれば審査上では何の問題も生じることがありません。ただしこの安定した収入というものは勤続年数に大きく影響を受けることになりますので、

 

 

アルバイトやパートを行っている期間が長ければ長いほど、審査に対しては良い影響を与えます。


例えばひと月のパートの収入が5万円で勤続年数が10年の場合と、収入が10万円で勤続年数が数か月の場合、

 

 

収入よりも継続期間重視ってことかしら・・・


収入だけ見れば後者の方が良いように見えますが、勤続年数が数か月というのは安定した収入とは言えないため、収入が少なくても勤続10年のほうが審査では評価が高いと予測できます。その為出来るだけ長く勤務しているほうが審査通過を高めることが出来ます。

モビットのWEB完結の利用条件は?

モビットの特徴としてweb完結と呼ばれるweb上だけで契約を完了できるサービスがありますが、このサービスに関してはパートやアルバイトの場合利用できないと考える必要があります。何故ならweb完結を利用する為には

  • 三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行の口座の保有
  • 社会保険証か組合保険証が必要

となるためです。もしパートやアルバイトで社会保険に加入出来ているのであればweb完結の利用も可能ですが、ほとんどの場合パートやアルバイトは社会保険や組合保険にかにゅしていないため、web完結の利用が難しいと言えます。