カードローンの審査で確認される項目とは?

カードローンの審査手続き

今や消費者金融をはじめカードローンは誰もが手軽に申し込むことができるようになりました。ただし、手軽に申し込むことができるということと簡単に融資を受けることができるということとはまた別の話です。

 

カードローンを利用して融資を受けるためには審査に通らなければなりませんが、この審査では様々な項目について確認が行われます。こうした審査手続きについて理解しておくこともカードローンの利用では大切なことといえるでしょう。

カードローンの審査で必要なもの

手軽に申し込むことができるカードローンの審査ですが、基本的には運転免許証などの身分証明書が必要になります。

 

融資を申し込む金額が高額になれば必要に応じて収入証明書の提出を求められることもありますので、高額融資を申し込む可能性があるのであれば、事前に用意しておくと良いでしょう。この時に利用できる収入証明書としては、

直近の給与明細
源泉徴収票

などで、勤務先と収入の金額が確認できる書類である必要があります。低額の融資であってもカードローン業者側から提出を求められるケースもありますので、気になる場合は併せて用意しておくと安心です。

信用情報の確認

カードローンの審査では個人信用情報機関に登録されている信用情報が確認されます。この信用情報には、

 

 

  • 過去のクレジットカードの支払状況
  • カードローンの返済状況

などが登録されており、これから融資を行うにあたって問題なく返済してもらえるかどうかを判断するための材料として利用されます。

 

過去にカードローンやクレジットカードの支払で滞納などをしていなければともかく、信用情報には滞納などを含めた利用状況が登録されていますので、こうした情報が登録されている場合は審査でも評価が低くなります。

 

 

信用情報は本人であれば各情報機関に問い合わせて確認(開示)することも可能です


ので、こちらも気になるようであれば事前に調べておくと良いでしょう。

収入の安定性についての確認

カードローンの利用については、基本的に毎月安定した収入を得ていることが利用条件として設定されている場合がほとんどです。ここでいう安定した収入とは、原則として給与収入であることが想定されており、

 

 

年金収入のみという場合は安定した収入として認められない


と考えるべきです。収入の安定性を確認するための方法として勤務先への在籍確認が行われますが、どのような仕事をしているのか、部署は何かといったところまで確認が行われる事はありません。こうした部分も含めカードローンの審査では返済能力を確認しています。