カードローンの審査で判断される職業

申し込む人の職業との関係

カードローンを利用するためには毎月継続して安定した収入を得ていることが条件となります。その為、申し込んできた人の職業についてはカードローンの審査でも重要なポイントとなり、職業によって審査でも評価が異なります。

 

 

審査で評価される職業のポイントは・・・


収入の安定性に優れているかどうか、そして収入の金額がどの程度か、という点です。収入が安定している職業であれば、その後の返済についても安定して進めることができるようになりますし、収入の金額が多ければその分多くの金額の融資が可能となります。

 

こうした点を含めて職業についてはカードローンのその後の利用に直接関わってくることから、特に重視される傾向にあります。

会社員や公務員の審査基準

カードローンの審査において、会社員や公務員は収入が安定しているうえ収入の金額も多いことから評価が高い職業となります。この場合、審査基準として重要となってくるのが過去にカードローンを利用していたことがあったかどうか、という点です。

 

 

他社で利用しているカードローンがあるんだけどなぁ・・・


また、カードローンの申込段階で既存のカードローンの利用があるかどうかも

 

 

返済能力を判断する上で重要な審査基準となります。


高額の収入がある会社員や公務員の場合はカードローンで融資を受けることができる金額についても高額の借入が可能であることから、既に融資を受けている状態であることも少なくありません。

 

こうした既存の借入における返済状況によっては、審査での評価に影響することがありますので、安定した収入をもった会社員や公務員であっても必ずしも安心というわけではありません。

パートやアルバイトの審査基準

パートやアルバイトで収入を得ている人であっても毎月安定した収入があればカードローンで融資を申し込むことができます。この場合の審査基準となるのは、収入がどの程度安定しているか、そして勤務先における勤続期間はどのくらいか、という点です。

 

 

アルバイトでも審査に通るのかなぁ・・・


パートやアルバイトの場合はどうしても年収の金額という点においては会社員や公務員よりも少なくなりますので、審査ではその収入の安定性が重視されます。また、勤務先での勤続期間については申し込んできた人の信用度について関係してきますので、

 

 

同じ勤務先で長く働いている方が審査でも評価が高くなると考えてよいでしょう。


カードローンでお金を借りること自体はそれほど時間はかかりませんが、その後の返済は長い間続きますので、こうした長い期間の返済ができるかどうかをこうした部分で判断しているのです。