カードローンの審査に通らなかった場合には?

審査に通らなかったらどうなる

カードローンの審査に通らなかった場合、当然ながら融資を受けることはできません。審査に通らない要因には様々なものがあるものの、要因にかかわらず融資を受けることができないという結果に変わりはありません。

 

 

審査結果も記録として残るのかなぁ・・・


カードローンの審査に申し込むことで、その情報は個人信用情報機関に登録されますが、審査の結果どうなったかということについても同様に信用情報機関に登録されます。

 

つまり、審査に通らなかったという情報はカードローン業者をはじめ様々な部分で共有されるというわけです。

審査に通らなかった時には?

カードローンで融資を申し込む時というのは、お金が必要な時です。それだけにひとつのカードローン業者で審査に通らなかったとしても、その後別のカードローン業者に融資を申し込むといったケースもあるかもしれません。

 

しかし、審査に通らなかった直後に別のカードローン業者に申し込むというのはその後の利用のことを考えると避けた方が良いです。審査に申し込んだ情報は勿論の事、その後審査結果がどうなったかという事については個人信用情報機関に登録されていますので、

 

 

審査に通らなかった直後に別の業者に申し込んだとしても・・・


その情報を参照されてしまうと別の業者でも審査には通りません。ひとつの業者で審査に通らなかったからといって、すぐに別の業者に申し込むということはいたずらに審査に通らない材料を用意しているようなものなので、絶対に避けましょう。

審査に通らなかった時にやるべきこと

カードローンの審査に通らなかった場合、まず最初にやるべきことは別の業者に申し込むまでに一定の時間を開けることです。その間にやるべきことは、なぜ審査に通らなかったのか、その原因を考えます。

 

カードローンの審査基準というものは審査を行う業者によって異なりますがその

 

 

審査基準そのものは決して明らかにされることはありません。


それと同じくなぜ審査に通らなかったのか、どの部分が審査で影響したのかという点についてもやはり教えてもらう事はできません。

 

審査に通らない理由には、たとえば既存のカードローンの利用や勤務先の勤続年数などが関係している場合が多く、こうした要因で審査に通らなかった場合には一朝一夕で解決できるというものでもないことから、まずは時間を置くことが大切なのです。また、

 

 

期間をおくことで個人信用情報機関に登録された情報も更新されます


ので、再びカードローンの申込を行うのはそのタイミングを待ってからでも遅くはないでしょう。