カードローンの審査に必要な時間

カードローンの審査時間

カードローンの審査に必要な時間は、最近ではかなり短くなっています。短いところでは最短で30分といったところもありますので、このことからもカードローンにおける審査の時間がかなり短縮されていることがわかります。

 

特に消費者金融では即日融資が基本となっていますので、とにかく早く融資を受けたいという人にとっては、審査に必要な時間が短くなるというのは大きなメリットがあるものといえるかもしれません。

プロミス 時間・曜日の制限あり 自動契約機で対応可能
アコム 時間・曜日の制限あり 自動契約機で対応可能
モビット 時間・曜日の制限あり 自動契約機で対応可能

審査はいつ行われる?

ほとんどのカードローン業者では、インターネットで融資の申込を受け付けています。そのため、申込そのものはインターネットを利用することで24時間いつでも可能ということになりますが、さすがに審査については24時間いつでもできるというわけではありません。

 

これは即日融資が可能である消費者金融であっても同じであり、審査の時間が最短で30分であっても夜中に申込を行った場合はその限りではありません。審査はあくまでもカードローン業者の営業時間内でなければならず、

 

 

深夜や早朝などはインターネットでの申込はできますが・・・


その時間帯がカードローン業者の営業時間外の場合には審査は行われないということになります。

審査が翌日以降になる場合

カードローンの審査に必要な時間というものは、様々な要因で変動します。たとえば融資を行う金額が高額になることで確認すべき項目が増えてしまい、審査に必要な時間も長くなる場合などです。また、融資を申し込む時間帯によっては、

 

 

審査が翌日以降に持ち越されることもあります。


即日融資というのはあくまでもカードローン業者の営業時間内に審査を含めた手続きがすべて完了する場合であり、営業時間ギリギリに申し込んだ場合には審査は翌日以降になる可能性もあります。

少しでも早く融資を受けるには?

カードローンを利用する人にとっては、できるだけ早く借入を受けたいというニーズがあるものです。こうしたとにかく早くお金を借りたいという人にとっては、まずはできるだけ早い時間帯に融資を申し込むことが大切です。

 

特に夕方過ぎの遅い時間帯では、審査はできたとしても融資の実行は翌日以降に延びてしまうといった可能性が出てきますので、

大手消費者金融 即日振込が可能な時間
プロミス

平日14:00迄のWEB契約完了で可能(三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座利用であれば24時間最短10秒で振込可能)

アコム

平日14:00迄のWEB契約完了で可能(楽天銀行の口座利用であれば24時間最短1分で振込可能)

モビット

平日14:50迄の振込手続き完了で可能

遅くとも午前中には申込を済ませておいた方が確実です。また、融資を申し込む金額についてもあまり高額の融資を申し込むのではなく、必要最低限の金額で申し込んだ方が審査時間も短くなります。