個人事業主の審査基準

個人事業主が気をつけておくべきポイント

自営業などの個人事業主はカードローンで審査の評価が低くなる事も多く、カードローンの利用が難しい立場であるといわれています。

 

これは、会社員や公務員などに比べて個人事業主は収入が不安定である場合が多く、カードローンの審査では収入の安定性を特に重視していることから、不安定な収入では融資を受けることが難しいと判断されてしまうためです。

 

 

融資をしてくれるだろうか・・・


そのため、自営業など個人事業で収入を得ている人の場合は、どの程度自身の収入が安定しているか、ということを

 

 

カードローンの審査においては証明する必要があります。


カードローンの審査に申し込むためには運転免許証などの本人確認書類が必要ですが、それに加えて確定申告書などのような収入を証明する書類を添えて申し込むと良いでしょう。

自営業の人はいくらまで借りられる?

利用するカードローンが消費者金融だった場合、貸付けることができる金額の上限は

 

 

申込者の年収の3分の1までとなっています。


これは自営業者などの個人事業主であっても同じであり、融資可能な限度額はその人の年収の3分の1までとなっていますので、法律上の限度額はそこまでは借りることができるということになります。

 

実際には、個人事業主の場合は収入が不安定であることからそれほど多くの金額の借入はできないと考えておいた方が良いでしょう。また、カードローンの利用目的は原則として自由ではありますが、

 

 

事業性資金としては利用できない場合が多い


傾向にありますので、カードローンから借入を受けた分についてはあくまでも個人的な目的の範囲で利用する必要があります。

自営業者の在籍確認

カードローンの審査では収入の安定性を確認するために勤務先への在籍確認を行っています。しかし、自営業で収入を得ているという人の場合はそもそも勤務先がありませんので、その場合の在籍確認は基本的には自宅など連絡がつく所在に在籍確認の連絡が入ります。

 

いずれの場合も大切なことは、決してカードローンの審査では嘘をつかないということです。特に自営業の場合は収入の金額について実際に自身が得ている収入よりも多めの金額で申し込むという人もいますが、こうした

 

 

事実と異なる情報が審査で確認された場合は・・・


その人はカードローンを利用することはできません。裏付ける方法がないという判断で事実と異なる情報を申し込んだとしても、その場合のリスクは決して低いものではありませんので、むしろ自営業だからこそ事実に即した内容で融資を申し込みうべきでしょう。