モビットの手数料は?

モビットでカードローンの利用をする場合、気をつけたいのが「手数料」です。モビットのホームページでは(2013年現在)、年会費と利用手数料は無料となっており、カードローンを利用するうえで発生する費用となるのは利息というスタンスになっています。

 

ここでいう「手数料」とは、モビットに対して支払う手数料が無料、という意味です。たとえばクレジットカードなどの契約をした場合一定の条件を満たせば年会費や手数料が無料といったサービスが用意されていることがありますが、モビットのカードローンではそうした条件もなく年会費や手数料はいただきません、ということになります。

 

ではモビットのカードローンを利用するにあたり、全く手数料が発生しないのかといえば、実はそうではありません。もちろんモビットに対して支払う手数料は発生しませんが、モビットにお金を返済するために、金融機関に支払う手数料が発生します。

 

通常、消費者金融業者の場合では自動契約機などに併設されたATMを使うことができるため手数料を考える必要はありませんが、モビットの返済では三井住友銀行や、三菱東京UFJ銀行といった提携銀行のATMやローソンなどのコンビニエンスストアに設置されたATMを利用して行うため、返済する際には銀行やコンビニに支払う手数料が必要となります。

 

そのため、モビットを利用する際には、こうした手数料ができるだけ発生しない方法を考えることが重要です。最も手数料がかからない返済方法は、提携銀行である三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行で口座振替をすることです。この方法であれば返済のために金融機関まで足を運ぶ必要もなく、手数料も発生しないため手間がかかりません。

 

逆に、最も手数料が発生する返済方法といえるのがコンビニのATMを利用する場合です。2013年4月現在、コンビニでは1万円以内の入出金で105円1万円以上の入出金で210円の手数料が発生します。

 

モビットで借入金を引き出す場合でも手数料がかかりますので、お得とはいえません。返済をする場合には口座振替か、他行への振込手数料が無料の銀行を使う方法が良いでしょう。