事実と異なる情報で申込んだ場合

事実を伏せて申し込みたい場合

カードローンは安定した収入があれば誰でも手軽に申し込むことができるとはいえ、審査については多くの人が不安に感じるものです。その理由としては、やはり審査に通らなかったらどうしようという気持ちが強いのではないでしょうか。

 

 

そのため、カードローンの審査では少しでも自身の状況を有利とするために

 

 

事実と異なる情報で審査に申し込むといったケースがあります。


たとえば実際にはどこか別の業者からカードローンの利用をしているのにその事実を伏せて申し込んだり、自身の勤務先を一流大企業と偽って申告したりといったことが考えられます。とはいえ、こうした事実と異なる情報で申し込んだとしても、

 

 

カードローンの審査では必ず事実確認を行います


ので、結果として必ず事実は伝わってしまいます。

なぜ事実と異なる情報はばれるのか?

カードローンの審査では、様々な情報を確認して申し込んできた人の返済能力を判断しています。例えばどこか別の業者からカードローンの利用をしているかどうかという点については個人信用情報機関を照会することで確認ができるのです。個人信用情報機関には、

  • カードローンの利用状況
  • りクレジットカードや携帯電話の支払状況

なども登録されていますので、この情報を確認することでどのような経歴の持ち主なのかすぐにわかります。そのため、もしも実際にはカードローンを利用していながらその事実を伏せて申し込んだ場合にはそれが事実かどうかを調べることができるのです。

 

また、勤務先についてもカードローンの審査では在籍確認を行っていますので、本当にその勤務先で働いているかどうかも確認ができます。カードローンの審査では、こうした確認を行いますので

 

 

事実と異なる情報で申し込んだとしても最終的にはばれます。


事実と異なる情報で申し込んだらどうなる?

事実と異なる情報でカードローンに申し込んだとしても、その事実は必ず伝わります。もしも審査で申し込んだ情報が事実と異なっていることが判明した場合には、まず審査には通りません。カードローンの審査では様々な情報が重要となってきますが、その中でも

 

 

特に重要となるのが信用できるかどうかという点です。


事実と異なる情報で申し込むような人間は信用できないということで、返済能力にも問題があると判断される要因となり、結果的に審査にも通らなくなるというわけです。こうした理由から、カードローンの審査では必ず事実に即した内容で申し込むようにしましょう。