カードローンに申し込む前に仮審査で状況を確認

どんな人が審査に通らない?

カードローンといえば、誰でも手軽に利用することができるというイメージがあります。確かにカードローンへの申込ということだけで考えると誰でも手軽に利用することができるものとなっていますが、その後実際の利用については審査に通る必要があります。

 

そのため、必ずしも誰でも利用できるというわけではなく、カードローンに申し込んだ結果融資を受けることができないというケースもあり、そもそもカードローン業者が融資の対象としていない人もいます。たとえば

  • 未成年者
  • 現在安定した収入を得ていない人

などは、カードローンの審査を受けるまでもなく融資を受けることはできません。こうした人については審査に申し込んだとしても融資を受けることはできませんが、それ以外の場合であっても審査に通らない可能性があります。

通るかどうかを仮審査で確認

カードローン業者の中でも大手と呼ばれる業者の場合は、インターネットのホームページに仮審査用のフォームが設置されています。

 

 

この仮審査フォームでは・・・


年齢や職業など簡単な情報を入力することで融資可能かどうかを判断します。当然ながらここでは職業が無職だったり、年齢が未成年者だったりといったカードローン業者の定める審査の最低基準を満たさない場合には融資不可という結果が返ってきます。

 

審査に通るかどうか不安な場合には、こうした仮審査を試してみて自身がどんな状況にあるのかを確認してみると良いです。

仮審査の結果について

仮審査を受けた結果、融資できる可能性があると判断された場合でもその後の本審査に通るとは限りません。

 

ホームページに設置されている仮審査フォームはあくまでも最小限の基本的な情報をもとに融資可能かどうかを判断する機能であり、そこでは個人情報はもちろんのこと、過去の経歴などを確認することができないからです。そのため、

 

 

仮審査の結果で融資を受けられる可能性がある・・・


という回答があったとしても、実際に審査に申し込んだところ融資を受けられないという結果になることも珍しいことではありません。カードローン業者が融資を受けられる可能性がある、という表現にとどめているのもこうした背景があるためであり、

 

 

仮審査の結果だけを鵜呑みにすることは・・・


避けたほうが良いでしょう。とはいえ、審査を申し込む前に自身がどのような状況なのかを調べるという意味では意義のあるものですので、事前に確認しておくのも良いかもしれません。