カードローンの審査基準は申込方法ごとに異なる?

インターネットから申し込む場合の審査基準

カードローンを利用するための申込方法には様々なものが用意されており、その中から申し込む側にとって都合の良い方法を選ぶことになります。中でも多くの人が利用している方法といえるのがインターネットによる申込方法です。

 

この方法のメリットは自宅など好きな場所から申し込むことができるという点にあり、また、24時間いつでも受付けていますので時間的な制約も少ないという特徴があります。

 

 

インターネットから申し込む場合の審査でのポイントとなるのは・・・


必須入力項目以外の項目も埋めているかどうか、という点です。住所や氏名などは必須入力ですがこの他にもカードローン業者によっては入力欄はあるものの必須入力ではない項目もいくつかあります。

 

こうした項目についても埋めておくことで申し込む情報をより詳しく登録することができますので、審査についても確認するための手戻りが少なくなります。

自動契約機などから申し込む場合の審査基準

インターネット以外でカードローンに申し込む方法としては、

  • 自動契約機
  • 店舗

などに足を運んで直接申し込む方法があります。この場合は、申込書類に手書きで内容を記入することになる場合がほとんどですが、ここで気をつけたいのは申込書類への記入ミスです。

 

 

住所や氏名の誤字であれば・・・


その場で本人確認書類から修正ができますが、勤務先についてはその場での確認が難しいため、ここは特に気をつけておきたいところです。記入ミスについては、カードローンの利用における信用度にも影響を及ぼすことがありますので、十分注意したいところです。

カードローンの審査のポイント

インターネットから申し込む場合や自動契約機から申し込む場合など様々な方法が用意されているカードローンですが、申し込む方法によって審査基準が変わるということはありません。

 

また、審査が可能な時間についてもどの方法で申し込んでも同じであり、24時間受付可能なインターネットから申し込んだとしても

 

 

審査は24時間体制というわけでもありません。


カードローンの申込方法によって審査の有利・不利に影響はありませんので、自身にとって都合の良い方法で申し込むと良いでしょう。

 

申し込む方法の判断基準としては、確実に借入を受けることができるかどうか、その後の利用スタートがスムーズにできるかどうか、こうした点を考慮したうえで最適な方法を選ぶことが大切です。