無職の状態での審査基準

担保や保証人が不要で利用できるカードローン

カードローンが誰でも手軽に利用することができる要因のひとつに、

 

 

担保や保証人を用意することなく融資を申し込むことができる


という点があります。銀行などから住宅ローンを利用する場合、融資を受ける金額が高額であることも関係していますが担保や保証人を用意しなければ借入を受けることはできません。担保や保証人というものは融資を行う側からすれば

 

 

返済できなくなった時のためのリスク回避として重要な存在


ともいえるものです。カードローンでは担保や保証人を用意する必要がない状態で借入を受けることができますが、それでもリスク回避は考えておかなければなりません。そこで返済能力の有無を判断するためにカードローンで重要となってくるのが審査というわけです。

無職のカードローン利用

審査の目的は、融資を行った相手の返済能力の有無を確認することであり、返済できるかどうかが最も重要な審査基準となります。

 

 

返済能力の有無を判断するための最もわかりやすい指標


となるのが収入の有無であり、収入がない状態では融資を行っても返済をすることはできません。カードローンを利用するための条件としては毎月安定して継続的な収入があることが設定されています。

 

しかし、収入がない状態ではカードローンでお金を借りたとしてもその後返済することはほぼ不可能ということになりますので、無職の人はカードローンの審査に通ることも不可能ということです。

カードローンの審査に通るためには?

無職という状態ではカードローンの審査に通ることはできません。カードローンの審査において最も重要なことは、返済能力があると判断してもらうことにあり、

 

 

安定した収入を得ていることが最低限の条件


となります。毎月安定した収入を得られるという状態だけではカードローンの審査に通ることはできませんが、収入の多い少ないはそれほど重要ではなく、とにかく毎月の継続的な収入があることが重要といえます。

 

カードローンの審査では正社員でなくともパートやアルバイトで働いている人であっても融資を申し込むことができるようになっていますので、このことからも収入の金額よりも安定性の方が重要であることがわかります。

 

いずれにしても無職という状態ではカードローンの審査に通ることはできませんので、お金を借りたいということであればまずは仕事を始めて毎月安定した収入が得られる状態になることが大切です。