カードローンの審査で確認される過去の利用状況

過去の借入とカードローンの審査

カードローンの審査では様々な項目に対して確認が行われ、その中のひとつに過去の借入についての項目があります。その名の通り、

  • 過去にカードローンを利用したことがあるかどうか
  • その際の返済状況についてはどうだったか

ということの確認です。過去にカードローンを利用したことがある人であれば、今後のカードローンの利用についてもどのような利用をするのか、ということの予想をある程度たてることができます。

 

そのため、過去のカードローンの利用実績は審査において大きな影響を及ぼすことがあるのです。カードローンの利用実績については個人信用情報機関に登録されていますので、審査ではその情報がすぐに確認できるようになっています。

カードローンの利用実績による審査の影響

過去にカードローンを利用していた人ということが審査で確認できた場合、次に確認されるのがその分が完済されているかどうか、ということです。完済されている場合にはその時の返済状況はどうだったか、ということについても確認が行われます。

 

 

どこで確認されるのかなぁ・・・


当然ながら滞納などなく返済が順調に行われているという情報が確認できれば審査での評価も高くなります。

 

 

個人信用情報機関に照会します。


以前にカードローンを利用したことがあって、その際は滞納することなく無事に完済できた、ということであれば今回の融資でも返済してもらえる可能性が高いと判断することができるからです。

 

これは完済していない、現在他社からカードローンを利用中という状態であっても順調に返済が進んでいることが確認できた場合でも同じです。しかし、逆にカードローンの返済を滞納している場合などは審査でも評価が低くなります。

過去のカードローンの利用実績は重要

過去のカードローンの利用において返済で滞納などがあった場合の判断は審査担当者によって異なります。たとえば完済している場合であれば、滞納があったにせよ無事に返済が完了しているのですから、その点は評価してもらえる可能性があります。

 

しかし、まだ返済中で融資残高もそれほど減っていないという状態ではかなり審査では評価が低くなります。現在借入を受けている状態で新たに融資を申し込んでいる場合、新規の借入に対する返済が難しくなる可能性も高いと思われてしまうためです。

 

 

カードローンの審査ではこうした過去の借入についても確認が行われます


ので、申し込む前に自身の利用状況はどうだったかわかる範囲で確認しておくと良いでしょう。