カードローンの審査と収入の金額との関係

カードローンの審査と収入の金額

カードローンの審査では様々な項目に対して確認が行われますが、現在収入の金額がどれぐらいあるのか、ということについてももちろん確認されます。たとえば消費者金融であれば総量規制の関係から

 

 

融資ができる金額は年収の3分の1まで


となっていますので、その意味でも収入の金額は非常に重要な審査項目といえます。また、消費者金融でなくても収入の金額というものはカードローンの返済に大きく関わってきますので、全く確認せずに審査が行われるということはありません。

 

このように、現在どの程度の収入があるのか、ということはどんなカードローンの審査であっても大きなウェートを占めるものとなっています。

収入の金額と融資を行う条件

収入の金額は返済能力を判断するうえで重要な情報ではありますが、収入が少なければ融資を受けることができないのかといえばそうではありません。カードローンの審査で重視されるのは、収入の金額がどの程度あるか、ということよりも

 

 

その収入がどの程度安定しているか・・・


ということにあります。毎月安定して継続的な収入がある状態であれば、少ない収入であってもカードローンの審査で評価される可能性はありますし、逆に収入が多くてもその状況が不安定なものであれば審査での判断も変わってきます。

 

収入の金額が少ないという理由だけでカードローンの審査に通らないということは基本的にはありませんので、まずは自身の収入の安定性について確認してみると良いでしょう。

収入の金額と借入とのバランスを考える

収入の金額が少ないという理由だけでカードローンの審査に通らない、ということはありませんが、収入が少ない人の場合はその金額の範囲でカードローンの返済を進めていく必要があることは理解しておきましょう。

 

カードローンの審査でも当然ながらその点を判断しますので、その収入の金額で無事に返済ができるかどうかを考慮したうえで実際に融資を行う金額を決定します。また、既に別の業者から借入がある場合にはその

 

 

借入残高とのバランスをふまえて審査を行います


ので、そのバランスが適切な範囲でなければ審査でも評価が厳しくなります。収入の金額というものは突然上がるということはありませんので、現状から劇的な変化をすることもありません。

 

カードローンから借入を受けることを考えているのであれば、現在の収入で無理なく返済ができる範囲で利用することが大切です。