学生がカードローンを利用する場合の審査基準

学生がカードローンを利用する場合

カードローンの審査において、学生は少し特殊な立場といえます。

 

というのは、カードローン業者によっては学生を融資対象としていない場合もあるからであり、アルバイトで安定した収入を得ていたとしても融資対象としていない場合には学生はその業者からはお金を借りることができないからです。

 

最近ではほとんどのカードローン業者でも学生を融資対象としていますが、

 

 

中には学生不可としているところもあります


ので、まずは学生であってもお金を借りることができるかどうかを確認することが大切です。

学生がカードローンを利用する際の審査基準

学生でも利用可能なカードローンに申し込んだ場合の審査基準ですが、基本的には学生専用の基準があるわけではありません。そのため、学生であっても適用される金利は同じですし、融資を受けるにあたって毎月安定した収入を得ているという条件も同じです。

 

勿論、カードローンを利用してお金を借りるためには20歳以上としているところがほとんどなので、

 

 

高校生などの未成年者は・・・


学生OKのカードローンであってもお金を借りることはできません。そのうえで学生が実際に借りることができる金額ですが、この点についてはやはりそれほど高額の融資はできないようです。

 

これは、学生が得ている年収というものがあまり高額ではないという点も関係していますが、やはり学生という立場上その本分が学業にあるということで高額の融資をしない、という考え方もあります。

 

カードローンの審査では返済能力の有無を判断しますので、融資を行う金額というものもその人のもつ返済能力に応じたものとなっていきます。

学生が借りることができる金額はどのぐらい?

実際にカードローンに学生が申し込んだ場合、融資を受けることができる具体的な金額については

 

 

それぞれのカードローン業者によって判断が異なります。


さきほど説明したように、学生相手に融資を行う場合はそれほど高額にはならない場合が多く、一社あたりにつき多くても10万円が限度額と考えておいた方が良いでしょう。もちろんその状態からさらに別の業者を利用してカードローンの借入を受けることは可能ですが、

 

 

トータルで多くても30万円前後が現実的な数字です。


いずれにしても学生の場合はアルバイトが本分ではありませんので借り過ぎずに無理なく返済できる範囲で借入を受けるべきです。