カードローンの審査に申し込む希望金額

いくらまでなら借りられる?

カードローンの審査では、申し込んできた人の職業や年収など様々な情報を精査したうえで、融資可能かどうかを判断します。その際に同時に決められるのが実際に融資を行うための金額ですが、

 

 

いくらまでカードローンで借りることができるのか?


というのは多くの人が気になるところでしょう。ただし、この場合まず考えるべきは、いくらまで借りることができるかということよりもいくらなら無理なく返済ができるか、ということです。カードローンの審査でもこの相手には

 

 

いくらなら無事に返済をしてもらえるのか?


という点を考慮して限度額を判断しますので、この点を考えておくことはとても大切なことなのです。

返済できる金額を考慮してカードローンに申し込む

そもそも初めてカードローンに申し込んだ場合というのは、基本的にはあまり高額の融資を受けることはできなくなっています。これはまだ信用度が低いということも関係しているのですが、それとともにカードローンの時間にも影響します。

 

 

カードローンの審査に必要な時間というものは・・・


確認しなければならない項目によって異なります。この場合、融資を希望する金額もそれに関係してくるのですが、少ない金額で申し込んだ方がカードローンの審査でも確認しなければならない項目が少なくなりますので、それだけ審査時間も短くなっていきます。また、

 

 

借入希望額が少なくなれば・・・


カードローンの審査でも融資可能かどうかの判断がしやすくなりますので、審査手続きについてもスムーズに進むのではないでしょうか。もちろん融資を申し込む金額が少ない方が、審査で融資可能と判断された後の返済についても楽になりますので、

 

 

最初からあまり高額の融資は申し込まないほうがいいです。


実際に申し込む金額はどのぐらいが望ましい?

カードローンに融資を申し込む金額は、自身の職業や収入に応じて考える必要があります。

 

 

消費者金融であれば年収の3分の1が借入可能な限度額となりますが・・・


そこまで借入を申し込むのではなく、多くてもそのさらに3分の1までにとどめておいた方が良いです。年収300万円の人であればおよそ30万円まで、というのが融資を申し込む金額の目安となりますので、その金額の範囲内でカードローンの審査を受けるのが賢明です。

 

自身が返済できると思う金額と、カードローンの審査で返済してもらえると判断される金額との差が少ないほど審査もスムーズです。