カードローンの増額審査

カードローンの増額審査

カードローンで融資を受けた際に、必要な金額の融資を受けることができないという場合もあります。カードローンの審査では、

 

 

初回の融資を受ける場合・・・


というのはまだ取引を始めていない相手に対しては信用度が低いという理由からそれほど高額の融資ができない場合がほとんどです。そのため、カードローンで増額審査を受けるためにはある程度の期間その業者と取引を行い、

 

 

業者との間で信用度を高めることが不可欠です。


信用度が高くなれば、カードローンの増額を申し込むこともできるようになりますし、逆にカードローン業者側から増額の提案をしてもらうといったこともあります。

カードローンの増額審査で確認されること

カードローンで増額を受ける場合の審査で確認されるのは、

  • これまでの返済状況
  • その期間

です。まず、返済状況についてはこれまでのカードローンの利用において滞納などがない状態で順調に返済できているか、という点が基本となります。この段階でもしも滞納などがあった場合には増額の審査ではまず通りませんので、

 

 

増額の審査を申し込んだ段階で滞納がない状態であることが望ましいです。


また、これまでの取引期間ですがこれについてもあまり短すぎる場合は増額審査でも評価が難しくなります。最低でも半年〜一年は滞納することなく返済を続けているという実績があることがカードローンの増額審査においては望ましい状態であるといえます。

実際に増額できる金額はどれぐらい?

カードローンの増額審査で実際に増額してもらうことができる金額については、その時の状況によって異なります。たとえば、消費者金融でお金を借りているということであれば、総量規制の規定が適用されますので、増額可能な金額についても

 

 

年収の3分の1の範囲内で増額を受けることになります。


また、これまでの返済状況によっては増額を申し込んだものの希望する金額よりも少ない金額での増額となる場合もありますので、増額できる金額については様々な状況をもとに審査で決定されると考えておいたほうが良いでしょう。いずれにしても、

 

 

増額審査で有利な材料となるのは・・・


これまでの返済状況で滞納がなく、融資残高についても順調に推移しているという状態が望ましいといえます。こうした状態以外では、増額を申し込んだとしても、増額の審査では評価が低くなってしまい、審査を受けても増額を受けられない場合や金額が低くなる可能性があります。