既に別の業者から借入がある状態でのカードローンの審査

既に借入がある状態でのカードローンの審査

カードローンの審査に申し込んだ段階で、既に別の業者から借入を受けている状態というのは、その状況にもよりますがある程度審査に影響を及ぼすことになります。まず、既存の借入金額がいくらあるのか、これは間違いなくカードローンの審査で確認される項目です。

 

カードローンの審査では、個人信用情報機関に登録されている情報をもとに返済能力の判断を行いますが、この個人信用情報機関には

 

 

カードローンの利用実績や借入金額というものも登録されています。


そのため、実際には借入を受けているにもかかわらず、事実と異なる情報で申し込んだとしてもその事実は必ずカードローンの審査でわかりますので審査では事実に沿った内容で申し込むようにしましょう。

カードローンの審査に影響する既存の返済状況

既に別の業者から借入を受けている状態でカードローンの審査を受ける場合、その借入金額もさることながら毎月の返済状況が問題なく推移しているか、ということが重要となります。既存の借入金額が多かったとしても、返済状況として

 

 

滞納もなく借入残高も減っているということであれば・・・


カードローンの審査でも影響は少ないかと思います。しかし、逆に

 

 

  • 返済状況も芳しくない
  • 借入残高もそれほど減っていない

ということであれば、やはりカードローンの審査での評価も低くなっていきます。

カードローンの審査で重視されるのは借入件数

既存の借入がある場合、カードローンの審査では借入件数も重視されます。カードローンの審査では、借入件数が多くなればそれだけ返済する先や返済額も多くなるため、やはり融資を行うにあたって慎重な判断をすることになります。

 

そもそもカードローンの審査を行う目的とは、融資を行った相手が無事に返済してもらえるかどうかを確認することにありますので、別の業者からお金を借りているという場合にはそれだけ返済される可能性が低くなると考えることができます。

 

 

他にも2社から借りているんだけどなぁ・・・


おおむね3件以上の借入件数がある場合には、カードローンの審査に影響が出る可能性が高くなるともいわれており、そのような状態で申し込む場合には少しでも件数を減らしておいた方が良いかもしれません。

 

既存の借入というものはカードローンの審査でも業者によって判断が分かれるところであり、利用状況によっては評価が高くなる可能性もありますので、現在の借入先に対する返済はしっかりと進めておきたいところです。