収入の金額が多いほうがカードローンの審査では有利?

カードローンの審査と年収の金額について

カードローンの審査を受けるにあたって、年収の金額というのも確認される項目のひとつです。一般的には、カードローンの審査においては年収の金額は多いほうが良いというイメージがあるかもしれません。

 

また、銀行カードローンの中には年収の金額における制限が設定されている場合もあり、ある一定の金額以上の年収がない人の場合はカードローンに申し込むことができないといったケースもあります。そのため、

 

 

カードローンの審査では年収の金額が多いほうが有利と思われがちですが・・・


この点は必ずしもそうとは限らない部分もあります。ここでは、そんなカードローンの審査と年収との関係について考えてみましょう。

カードローンの審査で重視されるのは年収の金額よりも安定性

カードローンの審査では、年収の金額が多いことは重要なポイントではありますが、こうした部分よりも

 

 

収入がどの程度安定しているかということが重要


となってきます。というのは、カードローンを利用する場合というのはお金を借りた後は毎月返済を進めていくことになるためであり、年収の金額が高いかどうか、ということよりも毎月継続的に収入を得られる状態かどうか、が審査で確認されるポイントとなります。

 

そのため、カードローンの審査においては収入が多くても少なくても、毎月安定して収入がある状態のほうが評価が高くなる傾向にあり、それだけ返済能力も高いと判断されることになります。

カードローンの審査では収入の金額は関係しないのか?

ではカードローンの審査において、収入の金額は全く関係しないのかといえばそれもまた違う話です。収入の安定性というものは、確かにカードローンの審査でも返済能力を確認するうえで重視されるものではありますが、

 

 

収入が多くても無意味なのかなぁ・・・


収入の金額は実際にカードローンで融資を受けることができる金額に関係してきます。たとえば消費者金融の場合は総量規制の関係から年収の3分の1までというのが融資を受けることができる限度額の範囲となっていますので、

 

 

収入の金額によって借りることができる金額の上限も変わってきます。


当然ながら収入の金額が多いほうがそれだけカードローンで借りることができる金額も多くなりますので、たくさんの金額で借入を受けたいのであれば収入の金額は多いに越したことはないです。

 

もちろん借入を受ける金額が多くなればそれだけ返済も大変になっていきますので、このあたりのバランスを考えながら利用することがカードローンでは大切です。