外国人のカードローンの審査基準

外国籍でもカードローンは利用できる?

国際化が進む日本では、日本国籍以外の外国人も多数生活しています。こうした外国人たちにとって

 

 

日本で生活をする事情はそれぞれ異なるものですが・・・


生活する以上はお金が必要です。そんな場合、カードローンを利用してお金を借りることができれば、

 

 

外国人にとっても大きな安心とともに何かの時のための備え


となるかもしれません。では外国籍をもっている人はカードローンでお金を借りることができるかどうか、ということですが、この点については申し込む際には特に問題はなさそうです。ほとんどのカードローンでは、融資を申し込むための条件として

  • 毎月安定した収入を得ていること
  • 20歳以上であること

と設定しています。そのため、この条件を満たしていれば外国籍の人でもカードローンに申し込むことはできると考えて良いでしょう。

外国籍の人のカードローンの審査

外国籍の人であってもカードローンに申し込むことができるとはいえ、その後融資を受けることができるかどうかは審査結果によって決まります。カードローンの審査を受ける場合、外国籍の人が必要となる書類としては、

  • 身分証明書
  • パスポートや外国人登録証明書

などとなります。やはり日本国籍ではないことから、カードローンの審査でも確認しなければならない書類が多くなるため、この点については日本人と同じような感覚で申し込むことはできないといえます。

 

ちなみに、外国籍の人が融資を申し込む際に必要な書類については、それぞれのカードローン業者によって多少異なる部分もあります。そのため、実際に申し込む場合にはカードローン業者に対して必要書類の内容や種類を確認しておくと良いでしょう。

外国籍の人の審査基準

カードローンの審査では、返済能力の有無を判断することは外国人であっても変わりはありません。しかし、外国人の場合は

 

 

日本にいつまで居るのか・・・


ということが大きく関係してきます。日本でお金を借りている以上は、日本に居る間に返済をしておく必要がありますので、カードローンでお金を借りてもすぐに日本から居なくなってしまうのではカードローン業者としても損失となってしまいます。そのため、

 

 

外国人に対する融資についてはあまり高額の借入はできない


と考えられます。このあたりは外国人の場合は日本人に融資を行う場合に比べるとどうしても信用度が低いという事が関係しています。