カードローンの審査で収入証明書が必要になる場合

カードローンの審査と収入証明書

カードローンを利用するためには、何といっても毎月の安定した収入が不可欠です。そのため、カードローンの審査においては融資を申し込んだ金額が高額の場合は収入証明書の提出が必要となります。消費者金融業者からお金を借りる場合には

 

 

  • 50万円を越える融資を申し込んだ場合
  • 既存の借入を含めて申し込んだ借入金額の総額が100万円を越える場合

に収入証明書が必要です。これは、消費者金融の場合は総量規制の関係から年収の3分の1を超えて融資を行うことができないということが理由のひとつとなっています。

 

 

収入証明書を確認することで年収の金額を調べることができます


ので、その人が申し込んできた金額が総量規制で融資ができる範囲なのかどうかを判断する必要があるためです。

このほかに収入証明書が必要な場合

消費者金融では50万円以上の融資を申し込む場合などのように、銀行カードローンではそれぞれの銀行ごとに収入証明書が必要な金額を定めています。しかし、これらの条件に該当しなくても収入証明書を用意しなければならないケースもあります。

 

 

年収をごまかせないかなぁ・・・


具体的には年収の金額が事実と異なっている可能性があるという場合です。消費者金融では50万円までの金額で申し込む場合は収入証明書は不要ですが、ここで年収の金額で嘘を言っても良いというわけではありません。

 

 

こんな年収で大丈夫かしら・・・


カードローンの審査担当者はこれまでに様々なケースを判断していますので、職業に対しておおよその年収の目安というものも把握しています。そのため、事実と異なっている可能性がある場合には収入証明書を確認するということがあります。

年収の金額で嘘の情報で登録するとどうなる?

収入証明書の提出が不要だという理由でカードローンの審査で年収の金額を偽った場合、その人は信用できないという理由で審査には通りません。また、カードローンの審査で収入証明書の提出を求められた際に、

 

 

事実がばれることをおそれて提出できないと答えた場合も・・・


同じく審査には通りません。こうした収入証明書の提出は、カードローンの審査で返済能力を判断するためのものであり、つまりは

 

 

申し込んできた人の信用度をはかるものです。


もちろん1円単位まで正確に記入するという必要はありませんが、それでもお金を借りるということについてのマナーとして、嘘の情報で申し込むことは避けるべきです。事実と異なる情報で申し込むという事はそれだけ自身の信用を落とすだけでしかないのです。