派遣社員のカードローンの審査基準

派遣社員でもカードローンは利用できます

派遣社員という立場は、働き方としては少し特殊な雇用形態となります。派遣社員の場合、実際に雇用されているのは派遣元と呼ばれる企業であり、実際に就業するのは派遣先というシステムですので、ここだけみると勤務先が2つあるということになります。この点が

  • 正社員
  • 公務員

などとは基本的に異なることから、派遣社員はカードローンを利用することが難しいと思われがちです。しかし、カードローン業者の定める条件をクリアすれば派遣社員であってもお金を借りることはできます。

 

 

派遣社員だからという理由だけでカードローンの審査に通らない・・・


ということもありませんので、まずは審査に申し込むための条件に合致しているかどうかを確認してみましょう。

派遣社員の審査基準

カードローンの審査を受けるための条件は、派遣社員であっても大きく変わるということはありません。基本的には

  • 毎月安定した収入を得ていること
  • 20歳以上であること

が主な条件となっていますので、この2点をまずはクリアしているかどうかがポイントとなります。但し、派遣社員の場合は毎月の安定した収入がカードローン業者の審査によっては判断が分かれる為、

 

 

カードローンの審査にも通らないのではないか・・・


と思う人が多いようです。また、カードローンの審査では勤務先への在籍確認も行われますが、派遣社員の場合は

  • 派遣先
  • 派遣元

2つの勤務先がありますので在籍確認が難しい面もあります。逆にいえばこの点をクリアすることができれば派遣社員でもカードローンを利用できる可能性が高くなります。

派遣社員がカードローンを利用する方法

カードローンを利用するためには、収入の安定性を証明することが重要です。派遣社員の場合、

 

 

派遣先での就業期間がどの程度なのか


がこの収入の安定性につながってきますので、派遣先での就業が1年以上あるという人の場合はカードローンの審査でもかなり有利となります。また、派遣先での契約が満了してもすぐに次の派遣先が決まるといった具合に、

 

 

切れ目なく働くことができている場合も・・・


カードローンの審査では評価が高くなります。在籍確認については自身の現状に合せて派遣元と派遣先を登録するようにしましょう。派遣先での就業期間が長い場合には派遣先企業を登録し、そうではない場合には派遣元を登録しておくといった方法が基本となります。

 

どちらか微妙であるという場合には両方の勤務先を登録しておくのもひとつの方法です。