過去の借入はない方が審査でも有利になる?

過去の借入はない方が有利?

カードローンの審査で確認される項目のひとつに、過去にカードローン業者から借入を受けたことがあったかどうか、というものがあります。過去に借入を受けていればその際の返済状況などを判断し、

 

 

新たに融資を行った場合でも問題なく返済が行われるかどうかを判断します。


もしも過去に借入を受けたことがあり、その際の返済状況で滞納などといった問題があった場合には、カードローンの審査でも評価が低くなります。そう考えると、カードローンの審査においては

 

 

過去に借入を受けていたという実績はないほうが・・・


安心できると思われるかもしれません。しかし、実際には過去にカードローンを利用していないことが必ずしも審査で有利に働くわけではありません。むしろ場合によっては過去にカードローンを利用したことがあったほうが審査で評価が高くなる場合もあります。

過去のカードローンの利用が有利になる場合

過去にカードローンを利用したことがあり、それが審査で評価される場合というのは、その分に対して滞納することなく返済が完了している場合です。この場合は、過去に借入を受けていたとはいえ

 

 

現状では既存の借入がない


ということになるうえ、滞納をせずに完済していることになります。こうした人というのは、既に完済した実績がありますのでカードローン業者としても融資をしやすい相手ということで審査でも有利な材料をもっているといえます。

 

もちろんカードローンの利用経験の有無だけで返済能力を判断しているわけではありませんが、全く利用したことがない人に比べると、実績のあるひとの方が融資もしやすいということです。

過去のカードローンの利用が不利になる場合

過去にカードローンを利用したことがある、ということは必ずしも有利な材料になるばかりではありません。カードローンの審査で過去の借入における評価が低くなる要因となるのが、

 

 

返済で滞納したことがあるという経歴です。


これは滞納せずに完済した場合とは全く異なる、いわばマイナスの実績ですので審査でも評価は低くなります。カードローン業者からすれば、過去に滞納したことがあるのであれば今回も同じことが起こるのではないかと不安になるためです。

 

逆に完済したという実績があれば今回の融資に対しても問題なく返済してもらえるのではないかと判断してもらえるようになります。このように、過去のカードローンの利用実績によって審査での評価も変わってきます。