申し込みキャンセルと審査における影響

信用情報に登録されている情報

カードローンの審査において必ず確認されるのが、個人信用情報機関に登録されている信用情報です。ここでは主に過去のカードローンの利用情報やクレジットカードの利用状況などを確認することが目的となっています。ただし、カードローンの審査ではそれ以外にも

 

 

信用情報として確認している部分があります。


そもそもカードローンを利用したことがあるかどうか、クレジットカードを持っているかどうか、こうした基本的なことがカードローンの審査では重要となってきます。個人信用情報機関ではカードローンに申し込んだという情報も登録されていますが、

  • その後キャンセルになった場合
  • 審査に通らなかったという場合

も情報として残されています。申し込んだもののその後利用に至らなかったのは、キャンセルをしたのかそれとも審査に通らなかったのか、ということがカードローンの審査では大きな意味があるのです。

申し込みキャンセルと審査に通らなかった場合の違い

カードローンに申し込んだものの、その後利用していないという場合というのは、

  • 申し込んだ本人がキャンセルしたか
  • 審査に通らなかったか

のどちらかです。もしもキャンセルしたのであれば、融資を受けられる可能性があったのに必要がなくなった、ということになりますので、カードローンの審査でもその点は気になるところです。

 

キャンセルについては様々な理由があるものですが、その後新たにカードローンの審査に申し込んでいるということなので、その点について確認が行われることになります。また、審査に通らなかったのであればその理由については

 

 

信用情報を確認することでカードローンの審査でもある程度まで判断できます。


一度審査に通らなかったという経歴が残っている場合は、新たなカードローンの審査でも評価が低くなる可能性があります。

カードローンの申し込み実績と審査での判断

カードローンの審査では、過去にカードローンを申し込んだという実績があっても、その後の利用がなければ具体的な実績という判断には至りません。一般的には審査に通らなかったことよりもキャンセルしたということのほうが審査での評価は高いのですが、

 

 

それでも信用という意味では一概に有利ともいえません。


特にキャンセルを何度も繰り返しているようなケースでは、カードローンの審査でも信用できない人という判断をされることがあります。その意味では、むやみに申し込みのキャンセルをしない方が良いかもしれません。