勤務先での勤続期間はどのぐらい必要?

安定した収入と関係する勤続期間

カードローンを利用するための審査では、毎月安定した収入を得ていることを主な条件としているところがほとんどです。この安定した収入を判断するうえで重要な情報となってくるのが現在の勤務先における勤続期間です。この勤続期間については、

 

 

できるだけ長い方がカードローンの審査でも評価が高くなる


といわれています。その理由は、勤続期間が長いということはそれだけ勤務先からの信頼も高いということであり、カードローンの審査でも融資をしやすい相手と判断できるためです。逆に

 

 

勤続期間が短い人の場合はカードローンの審査において評価が低くなる要因


となりますので、少しでも長い期間同じ勤務先で働くことが大切です。

勤続期間はどのくらい必要?

カードローンの審査において返済能力を調べるうえで重要な判断基準となる勤続期間ですが、これについては長ければ長いほど良いといわれています。具体的な期間については少なくとも半年〜1年以上あれば

 

 

カードローンの審査でも判断するために十分な期間であるといえます。


この勤続期間については必ずしも会社員や公務員に限ったことではなく、パートやアルバイトで収入を得ている人であっても同じです。特にパートやアルバイトで働く人については、収入の金額そのものが決して高くはありませんのでこうした

 

 

勤続期間によって信用度を高めておくことが大切です。


カードローンの審査では、収入が少なくても毎月安定して入ってくる状態であることが望ましいので、長く働いているという人であればそれだけ審査でも有利な材料となります。もちろん勤続期間だけで

 

 

カードローンの審査のすべてが決まるというわけではありません


が、それでも長い方が評価が高くなることは間違いありません。

勤続期間が短い場合の対処法

現在の勤務先に転職または就職してまだ日が浅いという人であっても、カードローンの審査に通らないと決まったわけではありません。もしも現在の勤務先に就職したばかり、という状態でカードローンの審査に申し込むということであれば、まずは

 

 

少ない金額で考えてみるのもひとつの方法です。


高額の融資を受ける場合はどうしても審査での確認項目も増えていきますし、審査基準のハードルも高くなっていきます。融資を申し込む金額を少なくするというのは、カードローンの審査に通るかどうか不安な場合の基本的な考え方ですが、

 

 

勤続期間が短い場合も適用される方法といえます。