カードローンの審査で評価される経歴・されない経歴

カードローンの審査と過去の経歴

カードローンの審査で確認される項目のひとつに、過去の経歴というものがあります。もちろん経歴といっても企業への就職のように履歴書を確認するというわけではなく、カードローンの利用に関する経歴です。ここでは

 

 

個人信用情報機関に登録されている信用情報が確認される


ことになりますが、当然ながらその経歴には評価の良いものもあればその逆もあります。ここではどのような情報がカードローンの審査で評価され、またはその逆になるのか、ということについて考えてみましょう。

過去の経歴で評価されるもの、されないもの

過去の経歴がカードローンの審査で評価対象となるのは、かつて

  • カードローンを利用したことの有無
  • クレジットカードの利用履歴

などです。そのため、過去に全くカードローンを利用したことがない、あるいはクレジットカードを発行してもらったことがないという場合には過去の経歴についての評価は行われません。

 

過去に借入を受けていた人の場合、評価される情報となるのはやはり返済が問題なく行われている場合です。また、既存の借入については無事に完済まで進んでいる場合というのは、カードローンの審査でも評価がかなり高いといえます。

 

 

逆に評価が低くなる情報となるのも返済に関する情報


であり、過去に返済を滞納した場合などは評価がかなり低くなります。それでも完済していればまた違うのですが、現在返済中であるという場合には審査ではマイナス評価をされる材料となっていまいます。

過去の経歴には様々なものがある

個人信用情報機関に登録されている情報には過去のカードローンの借入だけではありません。

  • 任意整理
  • 自己破産

といった金融事故に関する情報もこの個人信用情報機関には登録されており、これらの金融事故に関する情報があった場合もカードローンの審査ではマイナス評価となってしまいます。

 

また、クレジットカードの利用状況に加えて携帯電話の端末代金の支払状況なども個人信用情報機関には登録されていますので、カードローンの審査で参考にされています。審査で評価が高くなるのはこうした支払情報について遅れることなく支払いができている場合であり、その逆があれば審査でも悪影響がでてきます。個人信用情報機関に登録されていない情報としては、

 

 

申し込んできた人の年収や勤務先


などであり、この点については信用情報として確認ができないことからカードローンの審査では在籍確認が行われています。