モビットの金利に着目して申込むかどうか検討しよう

モビットの金利は年3.0%〜18.0%。これは利用限度額の1万円〜800万円に対応した金利です。ですから申込当初は特に希望がなければ50万円以下の借入枠となり

 

 

金利は最大の18.0%が適用されます。


金利は最小の3.0%の方に注目しがちですがこれは借入枠が800万円がでた場合でも適用されるかどうか分からない金利です。(モビットは借入枠に対する適用金利を発表していない為正確人金利は分かりません)モビットは消費者金融なので

 

 

 

総量規制により800万円の借入枠を貰おうと思ったら年収2,400万円以上必要になってきます。


ですので現実的にはありえない金利ということになります。ですからカードローンの金利を見る時には最大金利の方に着目して比較し、他無利息サービスなどがあるかどうかも比較対象に入れると金利の低いカードローンが見えてきます。

初めに出る借入枠に適用される可能性の高い最高金利を比較

収入の高い方などで他に借入がなければ初めから100万円の借入枠がもらえたりして、少し低い金利の適用になったりする事はありますが、大抵の場合は10万円から50万円の範囲で借入枠が設定されて、最高金利の適用になります。

 

もちろん金利が低いだけでは申込む方の要望は満たされないでしょう。例えば今日中に借りたい場合などの時間的余裕がない場合。これは審査・融資スピードの早い大手消費者金融の得意分野です。

 

少々金利が高くても、早く借りなければならないという目的が達成されなければ意味がありません。こういう場合審査・融資スピードの早い大手消費者金融の中から金利の低いものを選ぶのがベストです。

大手消費者金融を含む主なカードローンの最高金利
申込 パート・アルバイト 学生 コンビニATM 実質年率 借入可能額
プロミス セブン銀行ATM・イーネットATM・ローソンATM 年4.5%〜17.8% 最高500万円
プロミスレディース セブン銀行ATM・イーネットATM・ローソンATM 年4.5%〜17.8% 最高500万円
アコム セブン銀行ATM・イーネットATM・ローソンATM 年3.0%〜18.0% 最高800万円
モビット セブン銀行ATM・イーネットATM・ローソンATM 年3.0%〜18.0% 最高800万円

金利・無利息サービスに着目して選んだカードローン

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

モビットの金利について

カードローンや消費者金融で借入を受ける場合、避けて通ることのできないものといえるのが『金利』です。この金利は、何もカードローンなどに限ったことではなく、いわゆる住宅ローンやマイカーローンなどでも必ず出てくるものであり、『融資』と呼ばれるものには欠かせない存在であるといえるでしょう。

 

アコムなどのカードローンに限らず銀行などの金融機関から融資を受ける場合には、できるだけ金利の低いところから借り入れるというのは一種の基本のようなものといえますが、数ある消費者金融業者の中でも大手の部類に入るのが『モビット』です。モビットでは、最高で800万円まで借り入れることができるほどのワイドな利用額が大きな特徴となっていますが、総量規制により800万円の貸し出しには2,400万円以上の年収が必要なことから特に注目すべき点ではないと思います。その借入枠に対する適用される金利は実質年率で3.0%〜18.0%という利率が設定されています。

 

この年率3.0%というのは、他の消費者金融業者や銀行などの金融機関と比べた場合非常に低い水準であはありますが、業界でもトップクラスの低金利はなんといってもプロミスでしょう。

 

ちなみに、モビットの金利の計算方法としては、「借入残高×実質年率÷365×利用日数」という式をあてはめます。たとえば10万円を借り入れ、30日間利用した場合、適用される利率は最高の18.0%なので、以下の計算式が適用されます。

 

100000×0.18÷365×30=1479.452・・・

 

従って、10万円借りて30日後に返済する場合には元本の10万円に加えて利息分として1,479円を支払うことになります。当然ながら金利が低くなれば、返済時に支払う利息も少なくて済むということになります。モビットの場合は、3.0%が適用されるのは最高限度額である800万円を借り入れた場合に適用されるかもしれない金利なので、借り入れた金額と利用日数、そして金利に応じた利息を支払うことになります。

 

もちろんモビットも金融業である以上は利用するにあたり審査を受ける必要があります。もちろんゆうちょ銀行カードローンも同様ですが低金利だからといって誰でも無条件に利用できるというわけではありませんので、その点は十分理解しておきましょう。