モビットの審査に落ちても慌てないで!次のカードローンは以下に注意して審査を受けよう!

モビットは消費者金融なのでまず総量規制に注意しなければいけません。総量規制とは年収の1/3以上は貸すことはできないという金融業者側に対する法律です。

 

他の借入とモビットの申込借入枠との合計で年収の1/3を超えてませんか?

 

これからモビットの審査を受けるのであれば、他の借入とモビットの申込借入枠との合計で年収の1/3を超えていれば総量規制に抵触して審査に落ちてしまいます。すでにモビットの審査に落ちてしまった方もこれから受ける方も他の借入とモビットの申込借入枠との合計で年収の1/3を超えているのであればおまとめローンとして審査を受ければ総量規制対象外になるので覚えておいてください。

 

総量規制には例外があります。『顧客に一方的有利となる借換え』すなわち、おまとめローンは例外となり総量規制対象外になるのです。
ですからモビットの申込借入枠との合計で年収の1/3を超えていても審査可能となる訳です。

 

しかしこのことをしっかり業者に伝えないと総量規制対象外の審査になりませんので審査申し込みの際は、

おまとめローンとしての申込であることを業者にしっかり伝える

ということが重要でありポイントとなってきます。

モビットの審査はこれからという方はしっかりポイントを押さえて申込んでください

モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

大手カードローン会社のSMBCコンシューマーファイナス

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

モビットの申込方法の主流となっているWEB完結の特徴

モビットは消費者金融なので金利が高く設定されていますが、WEB完結で申し込みをする事が出来るので人気があって利用する人も多いです。WEB完結とは申し込みから借り入れまでの手続きをすべてインターネット上で行う事が出来るサービスで店頭窓口や自動契約機に出向く必要がなくなるのがメリットになります。

 

またインターネット上で手続きを行うので24時間いつでも対応してくれるメリットもあり店頭窓口や自動契約機のように営業時間を気にする必要もなくなります。現在はスマートフォンも普及してきて手軽にインターネットを利用する事が出来るのでモビットに申し込みをする時もWEB完結が主流になっています。

 

モビットに申し込みをする時に提出する必要書類は本人確認書類と収入証明書になります。本人確認書類は基本的に運転免許証になりますが、持っていない人は健康保険証かパスポートでもOKです。

 

収入証明書は直近2ヶ月分の給料明細書、源泉徴収票、所得証明書、確定申告書が適用されるのでコピーして提出する必要があります。消費者金融は少額の借り入れの時は収入証明書の提出は不要ですが、モビットは申し込みをした後に収入証明書の提出が必要かどうかを伝えられるので準備しておかなければいけません。

 

モビットの利用条件は20歳以上69歳以下で安定収入のある人となっているのでこの条件に該当していれば派遣やアルバイトでも基本的に申し込みをする事が可能です。

 

 

しかし専業主婦は収入がないので申し込みをする事が出来ません。


またモビットは総量規制の対象となっているので年収に3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。他社からの借り入れがあるなど総量規制に接触してしまう人は利用する事が出来ないので注意が必要です。

 

モビットのWEB完結を利用して申し込むと来店不要で自分の都合に合わせて手続きをする事が出来るメリットがありますが、電話連絡や郵送物が一切なくなるのもメリットになります。お金を借りる時は基本的に家族には内緒にしたいものなので電話連絡や郵送物がなくなると家族にバレてしまうリスクもなくなります。

 

それにより安心してお金を借りる事が出来ます。モビットのWEB完結を利用して申し込みをするとメリットが目立ちますが、利用条件があるので注意が必要です。

 

三井住友銀行の口座と社会保険証を持っている、収入証明書を提出する事が出来るなど条件があるので準備するのに手間がかかってしまう事があります。条件が満たしていないと準備から始めなければいけないのがデメリットになります。