消費者金融の審査に影響する個人信用情報って何?

どこの消費者金融であっても申し込者の審査を行う時には、必ず個人信用情報を照会して審査の可否を決定しています。この個人信用情報を扱っているのが信用情報機関で、国内では

  • JICC(日本信用情報機構)
  • CIC

内閣総理大臣から指定された指定信用情報機関となっています。指定信用情報機関では、金融業者同士が債権者の情報を共有することで、過剰貸付の防止という役割を果たしているのです。

指定信用情報機関に登録されている情報とは?

こうした指定信用情報機関に登録それている信用情報の項目とは、

  • 氏名生年月日や住所といった個人を特定する情報
  • 契約金額や貸付金額に契約の種類などの契約内容全般

にかかわる事になります。その他にも返済状況なども登録されているので、

 

 

残高や延滞なども全て個人信用情報を照会すれば分かるようになっているのです。


これらの個人情報は、一生涯に渡って保有されている訳ではなく、一定期間のみ保有されることになります。保有期間に関しては項目や内容ごとにことなっていますが、自己破産などの重要な情報は5年間登録され続ける事になるのです。

消費者金融での申込と同時になされる信用情報機関への登録の同意

また、こうした個人信用情報は本人の承諾なくして第三者が開示することは出来ませんから、消費者金融へ申し込みを行う際に信用情報の開示請求について同意している事になります。現在、消費者金融では必ず指定信用情報機関への加入が義務づけられており、

 

 

申し込みがあった場合はこの個人信用情報を照会しなければいけないのです。


消費者金融が審査の際にこうした個人信用情報を照会するのは、上記で言った通り過剰貸付を防ぐためという理由もありますがそれだけではありません。消費者金融側もリスクの高い相手には、なるべく融資をしたくないというのが本音です。

 

 

他にも借金があるけどばれないだろう・・・


個人信用情報をみる事によって、申し込み者の返済状況や借入状況を把握することが出来るのでリスクの多い人物を避ける事が可能となるのです。つまり、指定信用情報機関は申込者及び消費者金融側双方にとって重要な役割を果たしてくれているのです。